成人式は写真に残すべき、大切な人生の節目

日本の伝統的行事、成人式について

成人式とは、子供が大人になる儀式の事で、文化的な側面と歴史を持ち合わせた行事を指します。
大人になる事とは、体の成長段階を終えたり、独り立ちに必要な知識や精神的な成長を済ませる事です。
しかし、成人式は社会的に子供を大人に変える機会であり、歴史的にも今日からあなたは大人だと告げる機会として今日まで続いています。

成人式の場は、成人する子供の為の場所なので、主役が着飾って一日の思い出を刻む特別な機会になります。
男性はスーツや紋付袴、女性は主に振り袖姿になる事で、成人式を切っ掛けに気持ち的にも大人になる事が出来ます。
従来の成人式は、限られたコミュニティー内であったり、地域独自の儀式を行う事で成人したとみなす事は少なくありませんでした。
やがて人口が増えたり、コミュニティーのあり方が変化した事で、成人式は自治体が主体となって開催する事が多くなります。
歴史的に今も変わらない成人式の特徴としては、気持ちだけではなく年齢も大人になる事で、
大人が認めればお酒を飲み始められる特別な機会に変わります。
過去の歴史の中でも、成人式は子供が大人になる証なので、お酒を飲む事で大人の仲間入りが出来たと認める事が多くありました。
子供の側としては、早く大人になりたい気持ちに加えて、お酒やタバコが堂々と楽しめる事、
そして車の免許を取得したり、今まで出来なかった事が行える様になる点は大きな変化です。

一方、親や周囲の大人から見た子供は、体が大きく成長したとしてもまだ子供で、人間的に未熟である事が見受けられる事もあります。
親の気持ちとしては、成人式を通過した子供は振る舞いの責任が大きくなるので、お酒や免許証を与えるには早過ぎると考えがちです。
ただ、子供の成長や年齢は嘘を吐かないので、成人した事を認めざるを得ない状況になります。
成人式は、子供の更なる成長を促したり、一人の大人として扱い始める事で、
少しでも早く気持ちを大人に変えたり、立派な成人になる事を期待して実現する為の儀式とも表現出来ます。
大人の側にとっては、歴史的に子離れの意味もあるので、親の気持ちを切り替える絶好のタイミングにもなります。
誕生から見守り続けた親は、子供が人の道を踏み外したり、人生が上手く進む様にと考えるものです。
成人の儀式を行っても、直ぐに現実や気持ちの変化を受け入れる事は困難ですが、親子の関係を改めて見つめ直す機会にもなり得ます。
子供は将来に向かう成長と希望、親には子供を信じる機会と新たな関係性が生まれるので、
決して親子の関係が薄れる変化ではなく、むしろ大人の付き合い方が始められる前向きな切っ掛けになります。

主役の子供達はもちろん、親にとっても様々な思いが交錯し、
それぞれにとって一大イベントとなる成人式。
その晴れやかな姿を目にすると、親であれば誰でも大きな喜びと少しの寂しさを実感するのではないでしょうか。
大切な節目だからこそ、成人式の写真をスタジオでしっかりと撮影し、記念に残す事をオススメします。
例え成人式には参加出来なかった場合でも、前撮り・後撮りで写真だけは残す方も多く見られます。
一生の思い出を、是非記念に収めましょう。